チャンピックスの副作用

タバコを吸っている男性

喫煙行為は健康被害をもたらすことがわかっていて、肺がんや呼吸器疾患を発症してしまうリスクを高めます。
そのために世界的に禁煙の重要性が訴えられており、日本でも禁煙治療を医療機関で受けられる体制となっています。
たばこを止めるために医療機関に行くことで、禁煙補助剤としてチャンピックスの処方を受けることができます。
チャンピックスを3か月ほどの期間にわたって、継続的に服用することで禁煙成功率は85%ほどあると言われています。
自力では禁煙を達成することができなかった人であっても、医療機関を受診することで専門的な治療を受けることで、たばこを止めることにつなげることが可能です。
チャンピックスは医薬品に該当しますが、一定の割合で副作用を発症する危険性があると言われています。
主に生じる副作用の症状としては、吐き気や頭痛、便秘、お腹のはりを感じること、不眠や精神的に不安定になることなどがあります。
最も多い症状としては胃腸の不調と言われており、頭痛に関してはチャンピックスを服用した人のうちの10%の割合で起きると考えられています。
多くの場合には軽度の副作用で、重症化することは少ないと言えます。
チャンピックスを服用することで、何らかの体調不良を感じたときには速やかに医者に相談することが大切です。
稀に精神的な変調も見られることがあると考えられており、イライラしたり、気分が落ち込むこともあります。
特異なケースとしては自動車を運転しているときに、意識が無くなることで事故を起こしてしまったという事例が確認されています。
海外では抑うつ症状による影響で、衝動的な行為や攻撃的な行動変化を生じる可能性があるという報告もあります。